セブン銀行
ネット銀行 > セブン銀行

セブン銀行はこんな方にオススメ

  1. セブン銀行のATMで入出金が多い方
  2. 海外送金が多い方

セブン銀行のATMに特化!

セブンイレブンなどにあるセブン銀行のATMをよく使う方に使いやすいネット銀行です。入金手数料は常に無料で、出金手数料は07:00-19:00なら無料です。海外送金も優秀で、手数料が他行よりも安いです。送金額が少ないほど手数料も安くなり、1円~10,000円の送金なら手数料は990円で済みます。

新着情報

セブン銀行の全てのニュースを見る > >

セブン銀行のサービス内容

提携ATM数 セブン、ゆうちょ、りそな、埼玉りそな、三菱UFJ、三井住友、みずほ。
ATM入金手数料 セブン銀行のATMなら常に無料。
ATM出金手数料 セブン銀行のATMなら07:00-19:00は無料。
ATM手数料無料の詳細
常に無料で使えるATMがある24時間営業の場所
ATM硬貨入金 × -
ATM硬貨出金 × -
ATM振込手数料 セブン銀行宛は55円。他行宛は220円。時間帯によってATM利用(出金)手数料もかかる。
ネット振込手数料 セブン銀行宛は55円。他行宛は220円。
自動振込 ネットにログインして日・金額・期間・振込先を設定。
セキュリティー ダイレクトバンクご利用カード。
デビットサービス JCB。nanacoポイントの還元あり(後述)。
キャッシュバック × -
ポイント還元 デビットでの支払金額の0.5%~1.0%をnanacoポイントで還元。
任意団体の口座開設 × -
宝くじ × -
数字選択式宝くじ × -
サッカーくじ × -
公営競技 × -
金利(円普通預金) 0.001%
金利(円定期預金) 0.020%1年以上の預入が条件。それ以外は0.015%。
金利(米ドル普通預金) × -
金利(米ドル定期預金) × -
海外送金 海外送金サービスのWESTERN UNIONと提携。約200ヶ国へ送金可能。送金手数料は990円~6,500円。
海外ATM JCB、Cirrusマークが付いたATM・CDで現地通貨を引出可。ATM手数料は110円(税込)。JCBが定める基準レートに3.00%を加算したレートで円貨換算した費用もかかる。
海外デビット JCB加盟店で利用可。JCBが定める基準レートに3.00%を加算したレートで円貨換算した費用がかかる。
年齢制限 15歳未満の方は「本人確認書類」と「親権者の署名と本人確認書類」が必要。
デビットサービスは16歳以上。
海外送金サービスは18歳以上。
ローンサービスは20歳以上。

ATM手数料が優秀

入出金を何度でも無料に出来る!

セブン銀行のATMを使えば入金は24時間365日無料、出金は07:00-19:00無料です。他のネット銀行でこれだけ優秀なサービスだと「預金100万円以上のお客様のみ」など特別な条件があるのですが、セブン銀行にそのような条件はありません。セブン銀行のATMをよく使う方にとっては使いやすいネット銀行と言えるでしょう。

イオン銀行との比較

ATM手数料だけで言えばイオン銀行も優秀です。ここで、イオン銀行とセブン銀行のATM手数料を比較してみましょう。

イオン銀行 セブン銀行
提携ATM数 イーネット、ローソン、イオン、ゆうちょ、三菱UFJ、三井住友、みずほ、その他の多数の銀行。 セブン、ゆうちょ、りそな、埼玉りそな、三菱UFJ、三井住友、みずほ。
ATM入金手数料 イオン銀行のATMは常に無料。三菱UFJ、みずほ、ゆうちょは指定時間帯(主に平日の朝~夕方)なら無料。 セブン銀行のATMなら常に無料。
ATM出金手数料 イオン銀行のATMは常に無料。三菱UFJ、みずほ、ゆうちょは指定時間帯(主に平日の朝~夕方)なら無料。 セブン銀行のATMなら07:00-19:00は無料。
ATM硬貨入金 × - × -
ATM硬貨出金 イオン銀行の一部の店舗のATMのみ可。 × -
ATM振込手数料 【5万円未満】イオン銀行宛は220円、他行宛は440円。
【5万円以上】イオン銀行宛は440円、他行宛は660円。
セブン銀行宛は55円。他行宛は220円。時間帯によってATM利用(出金)手数料もかかる。

どちらも指定のATMなら入金手数料が24時間365日無料です。しかし「提携ATM数」と「出金無料の時間帯」と「硬貨出金」ではイオン銀行が優ります。イオン銀行を選んだ方が良いようですが断定は出来ません。なぜならATMでの入出金が多い人にとっては家から近い事が重要な判断材料の1つだからです。

イオン銀行のキャッシュカードを使えるATMは全国に多数ありますが、入出金手数料が無料になるのは上表の通りで、提携ATMの全てではありません。イオン銀行の口座を開設しても、入出金手数料が無料になるATMが遠方にあるなら時間と労力の負担が増えます。イオン銀行のキャッシュカードで入出金手数料が無料になるATMが遠方にありセブン銀行のATMが近所にある方にはセブン銀行がオススメです。出金無料は時間制限がありますが、無料の時間帯に使えば、この点も解決です。

1番のオススメはイオン銀行とセブン銀行、両方の口座開設です。2つ持っておけば近所でも遠方でもATM入出金手数料を無料に出来る機会が大幅に増えます。ちなみに「預入総資産の月間平均残高が200万円以上」など厳しめの条件付きですが新生銀行ならセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、イオン、三菱UFJ、三井住友、みずほ、ゆうちょで入出金が常に無料になるので最も優秀です。

ATM比較のページも併せてご覧ください。

海外送金が優秀

分かりやすさと使いやすさ!

世界最大手の国際送金サービスのWestern Unionと提携して実現した海外送金サービスです。海外送金サービスを提供しているネット銀行の中でもセブン銀行が最もオススメです。その理由は次の通り。

  1. 手数料が分かりやすく安い
  2. 約200ヶ国に送金可能
  3. 送金時の書類提出等が不要
  4. インターネットか、セブン銀行のATMから送金が出来る

1は海外送金で気になる点ですよね。他行では送金額に関わらず手数料が高額で一律化されているか、送金額に応じて手数料が変わってもセブン銀行のように細分化されておらず割高な印象です。セブン銀行は送金額に応じた細分化された手数料で、割安な点が魅力です。例えば送金額が1円~1万円なら手数料は990円で済みます。

2は海外送金において重要な点です。手数料が安くても対応している送金先が少なければ使いにくいサービスになってしまいます。セブン銀行の海外送金サービスは約200ヶ国のWestern Union窓口で受取可能なので、この点も充分でしょう。

3は利用者にとって嬉しい点です。海外送金に煩雑な印象をお持ちではないでしょうか。確かに最初は海外送金サービスの契約はありますし、新たな受取先への送金は事前申込も必要です。しかし送金ごとの書類提出等は不要なので使いやすいサービスでしょう。

4は時間や場所を選ばずに済むのが素晴らしいですね。仕事後に自宅のパソコン・スマートフォンから出来ますし、パソコン・スマートフォンを持っていなかったり操作が難しくて分からなければセブン銀行のATMで出来ます。送金方法はセブン銀行の公式サイトで紹介されています。

詳細は海外利用のページをご覧ください。

セキュリティー

ダイレクトバンキングご利用カード

セブン銀行ではダイレクトバンキングご利用カードを使ったセキュリティー対策が用意されています。キャッシュカードと一緒に送られてくる物で、大きさもキャッシュカードと同じです。振込の時や、振込限度額を変える時など、重要な取引の時に使います。
セブン銀行 キャッシュカード ダイレクトバンキングご利用カード

裏面には確認ナンバーというものがあります。重要な取引の時は確認ナンバーを求められるので参照しながら入力しましょう。

デビットでの支払いでnanacoポイントが貯まる

まずはデビットサービス付の口座開設

nanacoポイントを貯めるにはデビットサービスを使えるようにしなくてはいけません。口座開設時に「口座開設+デビットサービス」というボタンから手続きを進めればOKです。
セブン銀行 口座開設+デビットサービス

次にデビット付キャッシュカードとnanacoを連携させましょう

口座開設を進めていくと、デビット付キャッシュカードとnanacoの連携方法の選択画面になります。2つの方法があるので好みの方を選びましょう。
セブン銀行 一体型 紐付型 選択画面

  1. 一体型 … デビット付キャッシュカードとnanacoを1枚にまとめたもの
  2. 紐付型 … デビット付キャッシュカードに既存のnanacoカードを連携させる

1はnanacoを持っていない方にオススメです。口座開設時にnanacoを申し込む方法なので、nanaco付帯のデビット付キャッシュカードが送られてきます。

2は今nanacoを持っている方にオススメです。口座開設時にnanacoを登録すると、そのnanacoにポイントが貯まります。デビット付キャッシュカードとnanacoカードの合計2枚を持つ事になります。

この手続きが出来ればデビット付キャッシュカードが届きます。セブン銀行では、このデビットで支払った金額の数%をnanacoポイントで還元するサービスを提供しています。還元率は下記の通りです。購入店舗によって還元率が変わります。

  • 1.0% … セブンイレブン、セブンネットショッピング、SEIBU SOGO
  • 0.5% … その他のJCB加盟店

特にセブンネットショッピングはお得で、1,000円の商品をセブン銀行のデビットカードで買った場合はデビット利用分の10ポイント(1%)が還元される上にマイルも貯まります。マイルを貯めるとnanacoポイントへ交換が出来たり、イベントへの応募が出来る権利などが与えられます。実際にポイントとマイルが貯まるか検証してみたのですが、しっかり貯まっていました!
セブン銀行 ポイント還元 nanacoポイント マイル

セブンイレブンでの利用価値は高いとは言えません。商品の大半はスーパーマーケットなら大幅に安く買える上に、1.0%の還元ではお得とは言えないからです。節約の話になりますが、例えばペットボトルの飲み物はスーパーマーケットで買った方が確実に安いです。

ちなみにイトーヨーカドーでは毎月8日、18日、28日はnanacoでの支払いで5%OFFになるので、デビットで支払うよりお得です。nanacoへ入金しておき、レジでnanacoでの支払いを伝えればOKです。デビットとnanacoを上手に使い分けましょう!

その他のサービス内容

セブン銀行のATM以外では手数料がかかる

都銀5行のATMを使えるのは大きな利点に思えますが、入金が出来ない点に注意です。出金は出来ますが必ず手数料がかかります。ゆうちょ銀行のATMでは入金も出金も出来ますが必ず手数料がかかります。都銀5行のATMと、ゆうちょ銀行のATMは使いやすいとは言えません。セブン銀行のATM専用のつもりで口座開設をした方が良いでしょう。

振込手数料は無料に出来ない

ネット銀行によっては、条件を満たせば振込手数料が毎月何回か無料になるサービスを提供しています。例えば「預金100万円以上で月3回、振込手数料無料」というようなサービスです。しかしセブン銀行には、そのようなサービスはありません。どれだけ預金をしていても必ず振込手数料が発生します。その点は残念ですが、料金体系が分かりやすい所は良いですね。

セブン銀行宛 55円(税込)
他行宛 220円(税込)

デビットサービスがJCBなのは少し気になる!?

デビットサービスはVISAが最もオススメです。加盟店数が多いので、ほとんどの店で支払いが成立するからです。JCBはVISAに比べて加盟店数が少ない印象でしたが現在はどんどん増えていて、最近では「JCBが未対応で支払いが出来なかった」という事は少なくなった気がします。セブン銀行のデビットサービスはJCBしかありませんが、日本での利用ならあまり気にしなくても良いでしょう。ただし海外ではJCBが未対応の場合があります。海外のATMやデビットサービスを使う可能性がある方は、VISAデビットを提供しているネット銀行を選ぶと良いでしょう。

セブンカード・プラスでもnanacoポイントが同じくらい還元されるが…

ネット銀行ではなくクレジットカードの話になりますが、セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社が提供するセブンカード・プラスというクレジットカードがあります。このクレジットカードでもセブン銀行のデビット付キャッシュカードのようにnanacoポイントが還元されます。支払先によって200円で1ポイント(0.5%)、200円で2ポイント(1.0%)のnanacoポイントが還元されます。ただし2年目以降は年会費500円がかかるのでオススメはしません。1年間で5万円以上使えば翌年度は500円が免除され無料になりますが、5万円以上使うかは分かりませんよね。また、そもそもクレジットカードなのでATMでの入出金も出来ません。

オンライン口座開設が便利ですが、少し紛らわしいかも!?

郵送は時間がかかるので私はオンライン口座開設を選びました。本人確認書類として運転免許証を選んだのですが、必要事項の入力を終えた後、本人確認書類をアップロードする画面が出ません。そして登録したメールアドレスにメールが届きました。

セブン銀行口座およびデビットサービスをお申込みいただきありがとうございました。

口座開設の手続きが完了しましたら、
ご登録いただいたメールアドレスあてにお知らせいたします。

本人確認書類をアップロードするための案内がありません。銀行や証券会社の口座開設では、本人確認書類を選択後すぐにアップロードという流れが通例という印象だったので「本人確認書類はどのようにアップロードすればいいんだろう」と困惑しました。そこで電話サポートへ電話。本人確認書類は本人限定受取郵便を受け取る時に配達員へ提示すれば良いとの事でした。つまり上記のメールが来た時点で口座開設の申込は完了していて、あとは待てば良いだけでした。これから口座開設をする方は困惑しないように(^-^)

初回ログイン方法

トップページにアクセスしましょう!

セブン銀行のトップページの「ダイレクトバンキング ログオン」をクリックします。
セブン銀行 初回ログイン トップページ

ログイン画面が出ます。ログオンIDを入れる箇所がありますが、まだIDを持っていないので、フォームの下の「はじめての方(ご利用開始登録)」をクリック。
セブン銀行 初回ログイン はじめての方(ご利用開始登録)

必要事項の入力画面になります。情報は本人限定受取郵便にあるので参照しながらやりましょう。
セブン銀行 初回ログイン 必要事項の入力画面

最後はログオンID、ログオンパスワードの設定です。メモを取るなどして忘れないようにしましょう。暗証番号は申込時に設定した、キャッシュカードの暗証番号を入力します。あとは振込限度額などを設定して終わりです。

セブン銀行 口座開設
セブン銀行 目次に戻る