スポーツチーム、サークル、同窓会などの任意団体の口座開設方法

任意団体の銀行口座開設はどこを選べば良いのでしょうか。意外と情報が少ないため迷うと思います。近所の銀行で作れば良いと思いがちですが、近ければ良いというわけではありません。なぜならATM手数料、振込手数料、月額費用など複数の要素で銀行ごとに差があるからです。これから長く使っていくわけですから最適な銀行を選びたいですよね。その前に任意団体について確認をしておきましょう。任意団体とは法人格が無い団体の事で、次のような団体が一例です。

  • スポーツチーム
  • サークル
  • 同窓会
  • 親睦会
  • 保護者会

このような団体が銀行口座を必要とする場合があると思います。その際はどの銀行が良いのでしょうか。結論から言うとジャパンネット銀行がオススメです。私は社会人のスポーツチームに入っていて、銀行口座開設を任されました。これから長く使う事になるので、チームにとって最も良い銀行口座を作ろうと思い、様々な銀行の比較をしました。ネット銀行だけでなく、近所の地方銀行も含めての比較です。

ジャパンネット銀行を選んだ理由

  • VISAデビットカードが付いているので会計が簡単で、資金管理もしやすい
  • インターネットバンキングの利用料が無料
  • ATM手数料が安く、セブン銀行のATMでは入金&出金が毎月1回無料
  • 振込手数料も安い
  • ワンタイム認証によるセキュリティーで安心

近所の地方銀行で条件が良ければ最適なので、まずはそこから調べました。しかし「VISAデビットが使えない」「インターネットバンク利用料の月額が約1,000円かかる」など不都合が多かったので却下。スポーツチームは備品などの購入があり、現金だと煩わしくなるのでVISAデビットカードが使える事は重要でした。

VISAデビットではなくJ-Debit(ジェイデビット)を提供している銀行があります。これもVISAデビットカードと同じで、残高から即時支払いになる機能です。ただしJ-Debit加盟店でしか使えないという欠点があります。J-Debit加盟店は多くないと思うのでデビット機能を使った支払い自体が出来ない店は多いと思います。VISAデビットならその心配はほとんど無いので安心です。

そして銀行へ記帳に行かなくても残高確認が出来るように、インターネットバンクが使えて、さらに利用料無料である事も重要でした。それらを満たしているのがジャパンネット銀行だったのです。セブン銀行のATMでの入金&出金は「3万円未満なら毎月1回無料」「3万円以上なら常に無料」というサービスも魅力!

ちなみに新生銀行のサービスを見ると「ATMの入金&出金手数料が24時間365日無料」で非常に魅力的に見えます。しかし電話で問い合わせてみると、任意団体の口座開設自体が出来ない事が判明しました。好条件だと思っても任意団体の口座開設自体が出来ない銀行があるのです。任意団体の口座開設が出来てサービス内容も良い銀行はジャパンネット銀行だと思います。

ジャパンネット銀行で任意団体口座を作る方法

  1. ビジネス用口座開設ページにアクセスして、法人口座開設のリンクをクリック
  2. 必要事項を記入
  3. 書類をそのままプリンターで印刷するか、郵送してもらう
  4. 書類を送る
  5. 問題が無ければ口座開設完了

つまずく可能性があるのは②の部分です。必要事項の入力は専門用語が多く、不明な部分があるでしょう。ここでは私の経験を基に入力のヒントを列挙します。ただし正確性の保証は出来ません。電話やメールで聞いた方が確実ですし、そうする事をオススメします。

なお口座開設は活動内容が分かる物を持っている事が条件のようです。私が入っているスポーツチームはホームページがあります。活動内容、募集条件、連絡先などを載せた1ページ(トップページ)のみの簡単なホームページですがOKでした。ホームページが無い任意団体は活動内容が分かる資料のような物が必要かもしれません。詳細はジャパンネット銀行に聞きましょう。では、私の経験を基に入力のヒントを列挙します。2017年04月に口座開設をした際の情報です。

登記に関する事項
  • 法人格 … 任意団体なので「その他」を選択
  • 社名 … チーム名を入力
  • 役名 … 「代表」「キャプテン」などが一例
  • 所在地 … 代表者の住所を入力
  • 設立年月日 … 電話サポートでは「大まかでOK」と言われました
  • 資本金 … 電話サポートでは「0円でもOK」と言われました
お取引に関する事項
  • 業種 … 「その他」を選択
  • 従業員数 … 団体の人数を入力
  • 業務内容 … 「チームでのサッカーの活動」というような書き方が一例
  • メールアドレス … Yahoo!メールでもOKでした
取引ご担当者様の情報
  • 法人とのご関係 … 「代表者」「キャプテン」が一例

私が入っているスポーツチームには資金管理担当者がいます。代表者とは別の人物です。この項目にはその資金管理担当者の情報を入力して郵送したのですが、それが原因で入力不備となり返送されてしまいました。電話で問い合わせてみると代表者と同じ情報の入力が必須との事でした。つまり上記の「登記に関する事項」「お取引に関する事項」で入力した代表者の情報と同じにしなければいけなかったのです。この点は気を付けてください。

実質的支配者(真の受益者)の情報
  • 口座名義人の事業形態 … 「上場企業、国等の機関、人格なき社団・財団」を選択
申込口座数
  • 口座数 … 「1口座」を選択(任意団体は1口座しか作れないようです)
  • 口座名義  … 「全口座同じにする」を選択

つまずきそうな箇所は以上です。代表者の本人確認書類(運転免許証など)のコピーも必要なので用意しましょう。書類に不備が無ければ、投函後から約2週間で口座開設が完了すると思います。代表者の住所にキャッシュカードとトークンが届きます。

印鑑は「代表者の個人の印鑑(シャチハタ不可)」か「チームの印鑑」のどちらかと言われました。私はチーム名が刻まれた印鑑を約2,000円で作って押印しました。余談ですが、これから印鑑を作るなら角印も一緒に作っても良いかもしれません。会費徴収で領収書を発行する時などに便利です。

ジャパンネット銀行 口座開設

<< ネット銀行 - トップページに戻る

ネット銀行一覧
ジャパンネット銀行
おすすめNo.1!ネット
銀行はここで決まり!
楽天銀行
楽天スーパーポイントが
どんどん貯まる!
住信SBIネット銀行
ATM手数料が安い!
個人口座は基本無料!
メニュー