入出金が多い個人におすすめのネット銀行

住信SBIネット銀行の特徴1セブン銀行のATM利用で手数料無料(個人)
住信SBIネット銀行の特徴2同行間振込手数料無料(個人)
住信SBIネット銀行の特徴3他行への振込手数料は月3回まで無料(個人)
住信SBIネット銀行の特徴4定額自動入金サービスを使うとさらに節約可能
住信SBIネット銀行の特徴5高金利のSBIハイブリッド預金がお得(詳細は後述)

住信SBIネット銀行は各種手数料がとても優秀です。個人なら基本的に無料になります。例えばATMでの入出金について見てみましょう。セブン銀行のATMを使えば入金・出金・残高照会の手数料が常に無料です。「24時間365日ATM手数料無料」というサービスは住信SBIネット銀行特有の魅力です。

振込手数料にも大きな魅力があります。住信SBIネット銀行同士なら振込手数料無料です。そして他行への振込は月に3回まで無料です(一部ネット銀行を除く)。4回目以降は有料になりますが格安です。入出金や振込が多い個人にはとても使いやすいネット銀行です。

さらに節約をするためには「定額自動入金サービス」がおすすめです。これは他行口座から住信SBIネット銀行の口座へ指定金額を自動入金してくれるサービスです。このサービスは手数料無料なので節約につながります。例えばATMから頻繁に出金をしていれば預金残高が少なくなってきます。利用を続けるためには入金が必要ですが他行からの入金は手数料がかかります。しかしこのサービスを利用すればその入金手数料がかからないのでお得になります。自動入金額は1万円以上から1,000円単位で設定可能です。

SBI証券との連携に優れている点にも注目です。両者の連携により「SBIハイブリッド預金」などお得な特典を受けられます。SBI証券は証券会社の最大手です。これから株やFXを始める方には「住信SBIネット銀行」と「SBI証券」の併用がおすすめです。

高金利のSBIハイブリッド預金を使おう!

ネット銀行の中でもトップクラスの金利を誇るのが「SBIハイブリッド預金」です。ネット銀行選びで金利を重視する方はこれを利用しましょう。SBIハイブリッド預金の利用条件は次の2点です。

  • 住信SBIネット銀行の口座開設
  • SBI証券の口座開設

どちらもSBIホールディングス系列の会社です。この2社の口座を作るとSBIハイブリッド預金の利用が出来ます。SBI証券はネット証券事業を行なっている会社です。株をやらずにSBIハイブリッド預金目的での口座開設ももちろんOK!

SBIハイブリッド預金をするには、まず住信SBIネット銀行に入金をします。そしてSBI証券の口座にあるSBIハイブリッド預金に振り替えるという流れです。ATMや振込での直接入金は出来ません。もしSBIハイブリッド預金から出金をする際は住信SBIネット銀行に振り替えて効率的に行えます。

なおSBIハイブリッド預金の残高はSBI証券の取引に使えるので、これから株を始める方にも向いています。SBI証券はネット証券会社の最大手で個人的にも利用しています。他社と比べて手数料が安く、サポートも丁寧なのでおすすめです。

住信SBIネット銀行 口座開設

<< ネット銀行 - トップページに戻る

ネット銀行一覧
ジャパンネット銀行
おすすめNo.1!ネット
銀行はここで決まり!
楽天銀行
楽天スーパーポイントが
どんどん貯まる!
住信SBIネット銀行
ATM手数料が安い!
個人口座は基本無料!
メニュー